入局案内

入局案内

専門研修プログラムについて

はじめに

 放射線科における専門医資格を取得するためには、日本専門医機構で承認された放射線科専門研修プログラム(東京慈恵会医科大学附属病院放射線科専門研修プログラムについては後述)に沿って研修を行う必要があります。

 他の臨床科と同様、初期研修2年目終了前に日本専門医機構HPから放射線科専門研修プログラムの専攻医登録(下段参照ください)を行います。後期研修医(レジデント)として入局後の最初3年間で放射線の診断・治療の全体を広く学んだあと、放射線科専門医試験(一次試験)を受けて合格すると「放射線科専門医」資格を取得します。その後、放射線診断(核医学を含む)、あるいは放射線治療のいずれかのサブスペシャリティを選択して、2年間それぞれをより専門的に学んだあとに放射線診断専門医試験(二次試験)を受けて「放射線診断専門医」、あるいは放射線治療専門医試験(二次試験)を受けて「放射線治療専門医」の資格を取得します。なお、放射線科専門医試験(一次試験)はMCQのみ、放射線診断・治療専門医試験(二次試験)はMCQおよび口頭試問の形式です。現在、「放射線科専門医」資格は日本専門医機構、「放射線診断専門医・放射線治療専門医」資格は日本医学放射線学会の認定となっています(今後、後者も機構認定に移行する可能性があります)。

放射線科専門習得プログラム
放射線科専門習得プログラム

日本専門医機構 専攻医登録

日本医学放射線学会

東京慈恵会医科大学附属病院放射線科専門研修プログラムについて

 同プログラムは東京慈恵会医科大学附属病院(本院)の「東京慈恵会医科大学附属病院:画像診断部・放射線治療部」を基幹施設として、慈恵医大の3分院(葛飾医療センター、第三病院、柏病院)を含む11の連携施設で構成されています。同プログラムの研修には、まず東京慈恵会医科大学附属病院の「専門修得コース(レジデント)募集」に応募いただく必要があります(応募は下段に表示します)。東京慈恵会医科大学放射線医学講座は、大学の講座としてはひとつですが、東京慈恵会医科大学附属病院(本院)では画像診断部と放射線治療部と二つの診療部(いずれも中央診療部門)に分かれています。

 画像診断部は診断部門(CT・MRIの読影を主に担当)、核医学検査、超音波センター、IVRの4部門からなり、診断部門はさらに8領域(中枢神経、頭頸部、胸部、心大血管、乳腺、腹部、骨盤・婦人科、骨軟部)に分かれて診療・教育を担当し、研究もすすめています。なお慈恵医大・本院は年間でCT約66,700件、MRI約25,900件、超音波検査約16,600件、核医学検査約3,700件、PET約1,000件、IVR約4,100件と豊富な症例数があります。とくにCT、MRIは全国で最も検査数の多い施設のひとつであり、一般に本邦の放射線科があまり関わらない超音波検査も超音波センターとして画像診断部が中心的役割を果たしています。放射線治療もIMRTや前立腺がんに対する組織内照射などを含めて年間14,100例の治療を行っています。

 「放射線科専門医(一次試験)」資格取得までの3年間は画像診断の各領域、各部門、放射線治療をすべてのレジデントが均等にローテーションで研修することになります。既述のように診断部門が各領域に分かれて診療・教育・研究を専門的に行っている施設は他に殆どなく、全領域にわたり豊富な症例をもとにして専門性の高い研修を行うことが可能です(将来的にいずれの領域を専門にしたとしても指導体制が確立しています)。また、20弱ある各診療科とのカンファレンスや部内カンファレンスで症例検討に参加したり、専門医の指導のもと学会・研究会での発表を行います。3年間のうち半年から1年間は連携施設(主に慈恵3分院、東京歯科大学市川総合病院)において、より日常的症例で実践的な内容を研修する機会を持つこととなります。なお、研修期間内での産休・育休の取得や大学院進学などについても希望に沿った対応を行っており、勤務形態は適宜相談させていただきます。

 *注意:東京では、医師の地域偏在是正を目的として全体の放射線科専門研修医登録数に制限(シーリング)があります。本プログラム定員は現在7名ですが希望者が7名未満であっても都内他施設の応募者数によって調整の必要が生じる可能性があります。この場合も分院および関連病院を基幹施設とするプログラムが整備されており、入局については柔軟に対応可能です。

放射線科専門修得コース(レジデント募集)について

 東京慈恵会医科大学附属病院の放射線科専門研修プログラムで研修を行うには、東京慈恵会医科大学の「専門修得コース(レジデント)募集」に応募していただく必要があります。

東京慈恵会医科大学附属病院 放射線科専門修得コース(レジデント)募集について

 2023年4月1日付採用分の募集は2022年8月1日(月)より受付開始。詳細は以下より確認してください。

専門修得コース募集

日本専門医機構 専攻医研修プログラムについて

日本専門医機構